恋愛には6種類の色彩がある~恋愛心理学の基礎の考えとは~

あなたは恋愛に色があることを知っていますか?

 

一言で恋愛といっても様々な恋愛がありますよね。
その種類を色彩に例えた訳なんですよ。

心理学者リーが考え出したこの恋愛6色彩論。
とてもユーモアがあると感じませんか。

では恋愛の6種類の色彩とはどんなものなのでしょうか。

 

「献身的な愛」「遊びの愛」「狂気の愛」
「実利的な愛」「耽美的な愛」「友愛的な愛」

 

この6種類があります。

この考え方は恋愛心理学の基礎になっている考えなのです。

「人がどうして恋をするのか」ということはなかなか
説明しにくいですよね。。。

でも「人がどのような恋をするのか」ということは
たくさんの実験の中で明らかになってきているのです。

それがこの恋愛6色彩論なのです。

 

恋愛の色彩の意味とは

MP900430930

 

では代表的な恋愛の色彩について考えてみましょう。

 

 

 

まずは「献身的な愛」。

 

「献身的」とは自分を犠牲にするということです。
「献身的な介護」なんていう言葉もありますね。

例えばあなたの好きな女が大きな病を抱えてしまった…
そんな時あなたはどうしますか。

あなたは仕事をしている現在の状態では到底彼女の
力になることは出来ない…

いったいどうすればいいんだ…

あなたは悩みに悩んだ末に今努めている会社を
辞めてまで彼女の病気の看病をすることを決めます。

 

あなた「○○の為に今日仕事を辞めて来たよ…
これからはずっと一緒にいられるよ。」

女「え? そうなの?? そんなに私のことを
考えてくれていたなんて…嬉しい。」

 

彼女も今まで以上にあなたのことを愛する様になります。

この様に「献身的な愛」はなかなか普通は出来ないですね。。
自分を犠牲にしてまで愛をつらぬき通す…

とても清らかで素敵な愛の色と言えるでしょう。

 

 

次に「遊びの愛」。

 

これはそのままの通り遊び目的の愛ですね。
これをやりがちなのは男が多いと感じます。

例えば男は体目的ならば平気で女に

「愛しているよ。」「お前だけしかいない。」

と言えるでしょう。

女はその時は男の本心は分かりません。

そして何回がデートを重ねていざ体の関係に
なります。

そして…

やることを済ませたら男の態度が急に変わった…

女「え? 今まで私に言ってくれた言葉は嘘だったの…」

そんな風に悲しむ女の顔が浮かびますね。。。

この様に特に男が女に対して行う恋愛の色だと
いうことが言えるでしょう。

 

 

次に「狂気の愛」。

 

狂気とは怖いですが愛すれば愛するほど
そういう感情になる時があるのですよね。。。

例えばDV。
つまりドメスティックバイオレンスのことですね。

愛する女に暴力を振るう男…

決して許されることではありませんが最近は
本当に多いんですよ。

でもなぜ暴力を振るう男についていくのか?

それは男が暴力を振るった後に女に見せる優しさ…
そのギャップに女はひかれてしまうのです。

「あぁ、やっぱりこの人は私のことを愛してくれているんだわ…」

そう感じてしまうのでいつまでもいつまでもついて
いってしまうということになるのです。

同じ男としては許せませんが実際に多いのが
事実です。

優しいあなたなら愛する女に手を出すという
ことは決してしないで下さいね。

 

 

そして「友愛的な愛」。

 

私はこの愛がとっても好きですね。
お互いを尊敬し合いながら仲良く付き合っていく…

時にはトラブルもあるでしょうが2人が協力して
乗り越えていく…

こんな愛ならとても楽しく過ごせるのではないかと
強く感じますね。

 

あなたの恋愛の色彩はどれでしょうか。

MP900430535 今まで色々な愛の色彩について書いて来ましたが
あなたはどう感じたでしょうかね。

今の自分、過去の自分に当てはまる色彩は
ありましたか。

恋愛というのはなかなか言葉では説明出来ない程
複雑なものです。

しかし複雑だからこそこうやって6種類の
色彩の様に例えられるのです。

これからのあなたの恋愛がこの6種類の
どれに当てはまるかどうか確認してみるのも
面白いと感じますよ。

当サイト売れ筋恋愛商材ランキング

 デートの教科書

【商品レビュー】
やっと好きな人ができた!
どうしても彼女にしたい・・・どうすればいいの?
3ステップで確実にあなたの彼女に出来ます!

 彼女のマスターキー

【商品レビュー】
女性を口説かなくても手に入る…
普通ではありえないこの現象。
あなたにも起こることは可能です。

 性生依存の本質

【商品レビュー】
女性の本質を知る。
女性を落とすにはこれが1番の早道です。
64人の女性の本音から生まれた方法です。

コメントを残す